小中学校の授業等で使う動画の撮影や編集を行う、映像制作ボランティアを募集してます。経験のある皆様、お力をお貸しください!

市内企業や公共機関の紹介動画の動画制作

 新型コロナウイルス感染症拡大等の影響で、小・中学生の職場体験等を行うことが難しくなっています。このため、地域学校協働活動推進事業の一環で、授業等で使用する映像教材を作成し、市内企業や公共機関を紹介しています。

映像制作の流れの例

(1)企業・公共機関との打ち合わせの実施(1回~2回)
 企業・公共機関を訪問(または、オンライン会議で)し、動画の内容についての打ち合わせを行い、大まかな流れ、撮影日、出演者等を決定します。
(2)映像の構成に関する打ち合わせの実施(1回~2回)
 企業・公共機関との打ち合わせの内容を踏まえて、オンライン会議または、対面での打ち合わせを実施し、映像の構成を決め、動画のシナリオ等を作成します。
(3)撮影(1回~2回)
 対象企業・機関を訪問し、動画の撮影を行います。
(4)映像編集
 撮影した映像を編集します。

(1)~(4)までで3か月程度かかります。

動画撮影・編集ボランティアの募集

 映像の制作にあたり、撮影・編集の経験(有償・無償を問わない。)のある方で、ボランティアとして協力いただける方を探しています。

 募集内容等は募集チラシ.pdf をご覧ください。

 令和3年度は現在作成中のものを含め、30分程度の動画を3~4本作成する予定です。一つの動画につき数回の打ち合わせと1・2回の撮影を行います。撮影機器・編集ソフト等はお持ちのものをお使いいただき、打ち合わせで役割分担を決めて行います。撮影のみ、編集のみ等、ご自身の都合に合わせて可能な範囲で分担をお願いします。編集の場所は自由です。

 応募いただける方は社会教育課までご連絡ください。内容をご覧になりたい方には、作成した映像・作成中の映像のDVDデータをお貸しします。