就学援助制度とは

 狛江市では、経済的理由で教育費の支払いにお困りの児童・生徒の保護者に対して、給食費や学用品の一部を援助する制度「就学援助」を実施しています。

 通常、「就学援助」は、前年の世帯の総所得に基づいて認定を行いますが、新型コロナウイルス感染症等の影響により収入が激減し、現在の所得状況が前年度を大きく下回る方は、その状況をもとに審査を行います。

 必要書類をご持参のうえ、学校教育課までご相談ください。

 

申請の条件

・令和4年1月以降、休業、離職、倒産等により、収入が激減した。

・令和4年1月以降、その他事情により収入が激減した。

 

必要書類(当てはまるもの)

・現在の所得状況のわかる書類(全員)

・令和4年度課税証明書(令和4年1月1日現在狛江市に住民登録のない方)

・令和3年12月の家賃金額のわかる書類(借家の方)

※収入のある世帯員全員(令和4年4月1日現在18歳以上)の書類が必要です。

 

その他

・就学援助制度詳細については、こちらをご確認ください。

・翌年度新入学の新小学校1年生の保護者を対象にした「新入学学用品費」の入学前支給についても同様に審査を行います。