平成30年度第8回狛江市立公民館運営審議会会議録

                          

                          

1 日 時   平成31年2月18日(月)午後7時~8時

 

2 場 所   中央公民館 第一会議室

 

3 出席者   斎藤謙一委員長(委任)、馬場信義副委員長、長谷川まゆみ委員、深井秀造委員、谷田部馨委員

        事務局(安江真人公民館長、刈田美江子副主幹(兼)事業係長、横山大輔主事)

 

4 欠席者   伊地知俊二委員、髙尾戸美委員、飯田陽子委員、冨永美奈子委員、日向正文委員

 

5 傍聴者   0名

 

6 議 題

1 開会

(1)前回会議録の確認

2 報告事項

(1)東京都公民館研究大会について

3 審議事項

(1)諮問事項に対する答申書案の最終確認及び承認について(資料1)

(2)事業評価について(資料2)、(資料3)、(資料4)、(資料5)、(資料6)

4 その他

 

7 配布資料

前回会議録

資料1 答申書(案)

資料2 狛江市教育委員会の自己点検及び評価報告書(平成28年度事業)【平成30年1月】

資料3 第30期国立市公民館運営審議会答申「国立市公民館の事業評価のあり方について【2016年10月】

資料4 「公民館活動推進員のための公民館事業の手引き」(抜粋)【相模原市:平成19年4月】

資料5 「これからの公民館事業について」(抜粋)【岐阜県 平成25年9月】

資料6 佐倉市公民館運営審議会 平成29年度事業評価(抜粋)【佐倉市HP】

参考資料 平成29年度事業一覧

 

8 会議の結果

1 開会

 副委員長)本日は委員長が欠席である。委員長より委任状を提出されているので、半数の委員が出席していると認め本日の審議を進める。議事については私が委員長代理として進行する。

―全員承認―

 

(1)前回会議録の確認

―全員承認―

 

2 報告事項

(1)東京都公民館研究大会について

参加した各委員が報告を行った。

 

3 審議事項

(1)諮問事項に対する答申書案の最終確認及び承認について

 副委員長)前回の審議に基づき答申書案の語句修正を行った。

 事務局)答申書内の委員名簿の位置についてだが、これまでの答申書では最後に一覧を掲載している。それに加え、公民館長宛の鏡文を付している。

 副委員長)それ以外に内容についての修正等はあるか。なければ、承認するということでよろしいか。

―全員承認―

 

(2)事業評価について

 副委員長)これまで、狛江市の公民館運営審議会(以下、公運審という)の活動は主として、諮問内容についての議論と答申書の提出であった。だが、他市の公運審の話を聞くと、事業評価にも力を入れているようである。そのため、狛江市でも事業評価について考えるべきであると考えている。今回、議論の材料として、事務局より資料の準備をしていただいた。

―資料について事務局から説明を行った―

 副委員長)資料2と参考資料について、内容の重複はないか。

 事務局)別のものである。参考資料については、公民館の事業の一覧である。

 委 員)資料2のような評価は毎年行っているか。

 事務局)行っている。

 副委員長)公民館事業の全部を評価するのは厳しい。いくつか選んで評価することになるかと思う。

 事務局)資料2についてだが、教育振興基本計画に従って25項目に分けて評価している。だが、実際すべての項目を評価するのは難しく、毎年、4項目くらいを抽出して担当課にヒアリングを行っている。

 副委員長)われわれが事業を深く知るというのは難しいと思う。

 事務局)もし来期に事業評価をお願いするとしたら、任期2年のうち1年目で事業評価の枠組みを決めていただいて試行していただくことになる。それをもとに次年度以降に内容を固めていただく。そして、3年目以降は、諮問ではなく通常の活動として事業評価を進めていただくことになろうかと思う。

 副委員長)資料2を見ると、すべての項目で「~が必要である」と終わっている。我々が評価する場合は具体的な提案も含めることができればと考えている。

 事務局)資料2については担当課の自己評価であり、そのため、「必要である」という課題の提示に終わっている。28頁以降に、審査委員会の評価が書かれている。

 副委員長)事業ではアンケートを取っているか。

 事務局)チャレンジ学級など通年事業は別として、市民大学など個別の事業についてはほとんどの事業でアンケートを取っている。

 副委員長)通年のものもできるのではないか。

 事務局)そういった部分も含めてご検討いただきたい。事業評価については、事業の提案等について忌憚のないご意見を頂ければと考えている。

 

4 その他

 副委員長)その他で何かないか。

 事務局)前回委員からホームページの閲覧数とWi-Fi導入後の課題について問合せを受けていた。ホームページについては、公民館の各ページのアクセス数はお示しできるが、公民館全体のアクセス数はできない。

 副委員長)個々のページのアクセス数を総計して出すことはできないか。

 事務局)つきつめれば可能であると思うが、業者が対応できるかはわからない。Wi-Fiについて、窓口でいただいたご意見を職員が聞いており、その内容はお話しできるが、客観的なデータはない。

 副委員長)他になければ本日の審議会は終了する。次回は平成31年3月11日(月)午後7時から、中央公民館の第一会議室にて開催する。次回は答申書を提出する予定である。