この日、1年生は、「交通安全シミュレーター」を使って安全な道路歩行のための疑似体験をしました。モニターには実際の道路の

  ような映像が映し出されています。この映像には横断歩道があったり、車が通りすぎたりと本物そっくりの場面で道路横断の約束事を

  体験しながら学びました。