国の「文化財保護強調週間」に合わせて実施される「東京文化財ウィーク2018」の企画事業として、文化財関連講座と文化財めぐりを開催します。

講座「狛江の古墳を学ぼう」

古墳時代中期を中心として、多摩川中流域に形成された狛江古墳群について、その形成の過程や背景、変遷、集落遺跡との関連などについて解説します。

〔日時〕10月20日土曜日、午後2時から4時まで

〔会場〕市防災センター4階会議室

〔定員〕先着20人(事前申込み制)

〔申込期間〕10月15日月曜日まで

〔参加費〕無料

文化財めぐり「狛江の古墳を歩こう」

都指定史跡の兜塚古墳や市指定史跡の土屋塚古墳など、狛江のまちの中に残る古墳時代中期に築造された古墳を巡ります。

〔日時〕10月27日土曜日、午後1時から4時まで
雨天実施・荒天中止

〔場所〕狛江市内(兜塚古墳・土屋塚古墳他)
集合場所は小田急線「和泉多摩川」駅

〔定員〕先着20人(事前申込み制)

〔申込期間〕10月22日月曜日まで

〔参加費〕50円(保険代)

【申込み方法】

下記の【問合わせ先】まで、イベント名、住所、氏名、年齢、電話番号を電話またはメールにて連絡・送信してください。

【問合わせ先】

社会教育課文化財担当

電話:03-3430-1111(内線2372)

Eメール:bunkat@city.komae.lg.jp