〔1〕 環境整備

 市内全小・中学校に各41台、特別支援学級(固定)に各10台、適応指導教室に2台タブレット端末を平成27年度までに整備しました。平成28年度には、全ての小学校特別支援教室に5台ずつタブレット端末を整備予定です。
 

〔2〕 教員の情報機器活用能力の向上

 市内全小・中学校の教職員を対象とした研修会を実施しています。 また、ICT教育支援員を各校に派遣し、教員が積極的に情報機器を活用するための補助を行っています。

 

〔3〕 情報教育担当者連絡協議会

 各小・中学校では、情報教育担当の教員を決め、その教員を中心に情報教育を推進しています。また、全校の担当者で構成する協議会を開催し、情報教育を通じ子どもに力を身に付けさせるための方策などについて意見交換を行っています。