学校給食を食べてみませんか?

 多くの皆さまに、中学校給食を知っていただくことを目的として、

 予約制で、中学校給食をご試食いただけます。

   まずはご連絡を! 狛江市立中学校給食センター

 TEL 03-5761-9199   詳細はこちら

 

 

 

中学校給食の献立表を掲載します。

 

・2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

 それに伴い、今年度より給食に世界の料理を毎月取り込んでいきます。

 

 

 平成29年8・9月の献立表.pdf  

 8・9月の世界の料理は、インド料理とスウェーデン料理です。

 インド料理は、さまざまな香辛料(スパイス)を多用することが特徴で、

 スウェーデン料理は、発酵乳製品やベリー、りんごなどを中心とした料理で、

 様々な種類のパンを食べることも特徴です。 

 

 9月13日の中学校給食

 ・ご飯 ・牛乳

 ・白身魚のチリソース

 ・春雨サラダ ・たまごスープ

 

 <ひとくちメモ>

 春雨は中国から日本に入ってきた食品で、緑豆(りょくとう)という豆からできています。

 日本に入ってきた当時は、豆の麺、豆麺(とうめん)と呼ばれていました。

 春雨と呼ばれるようになったのは、戦後に入ってからで、その透明な姿が春の雨に似ていることから、

 日本人が「春雨」と名付けました。

 実に日本人らしい美しいネーミングですね。

 今日は春雨サラダにしまた。つるっとした食感をたのしんでください。

 

 9月12日の中学校給食

 ・ご飯 ・牛乳

 ・ジャンボぎょうざの甘酢あんかけ

 ・ナムル ・中華スープ

 

 <ひとくちメモ>

 今までの給食センターでのジャンボ餃子は、甘酢あんかけをかけていませんでした。

 あんをかけてしまうと、配送の間に、皮同士がくっついてしまい、配膳の時に、やぶれてしまうことがあるからです。

 今回は甘酢あんを違う触感に入れました。各クラスで配膳するときに、餃子にかけて食べてください。

 

 9月11日の中学校給食

 ・中華丼 ・牛乳

 ・野菜の中華味

 ・柿

 

 <ひとくちメモ>

 柿は、早いものは8月下旬から、12月までが旬です。

 中国や日本など東アジア原産で、日本から、ヨーロッパやアメリカに伝えられました。

 大きく分けて、甘柿と渋柿に分かれ、名前の通り、甘いものは甘柿、渋いものは渋柿と呼ばれます。

 渋柿はそのまま食べられないため、アルコールや炭酸ガスを使い、様々な方法で、渋抜きをして食べられます。

 今日は、生のまま食べられる、甘柿です。

 

 9月8日の中学校給食

 ・栗ご飯 ・牛乳

 ・いかの幽庵揚げ

 ・菊入りおひたし ・道産子汁

 

 <ひとくちメモ>

 9月9日は重陽(ちょうよう)の節句です。

 9という縁起のいい陽(奇数)の数字が重なった、めでたい日とされいてます。

 菊の花を飾ったり、菊を食べることで、邪気(じゃき)を払い長寿を願う日です。

 おひたしには菊の花びらが入っています。

 秋の味覚である栗は、栽培される国によって種類が違います。

 日本で主に栽培されている二ホングリは、さらにたくさんの種類に分けられ、8月下旬から、11月まで長い間楽しむことができます。

 

 9月7日の中学校給食

 ・チキンクリームスパゲティ ・牛乳

 ・コールスローサラダ

 ・梨

 <ひとくちメモ>

 梨は大きく分けると、「和梨」「洋ナシ」「中国梨」の3つに分けられます。

 今日の給食は和梨です。

 種類によって収穫される時期は様々ですが、主に8~10月が旬です。

 また、プロテアーゼという、たんぱく質分解酵素が入っているため、

 食後のデザートとして食べると、消化を助けてくれます。

 

  9月6日の中学校給食

 ・ご飯 ・牛乳

 ・鮭の南部焼き ・れんこんと春雨の金平

 ・のっぺい汁

 <ひとくちメモ>

 のっぺい汁は、新潟県の郷土料理として有名ですが、

 奈良県、島根県、熊本県などでも作られており、全国各地で食べられています。

 地域によって、「のっぺい鍋」「のっぺい煮」「のっぺ」等呼び方が違います。

 具材は家庭によってさまざまですが、

 野菜をふんだんに使っていることと、汁にとろみがついていることが特徴です。

 

 9月5日の中学校給食

 ・ココアパン ・牛乳

 ・パンプキンコロッケ

 ・野菜サラダ ・野菜スープ

 

 <ひとくちメモ>

 かぼちゃの旬は7月中旬から9月中旬までです。

 かぼちゃは冬至に食べられるため、冬が旬だと思われがちですが、長期保存ができることから、

 冬まで食べることができます。

 かぼちゃには、ビタミンが豊富で、夏にダメージを受けた皮膚を強くしたり、

 季節の変わり目に体調を崩しにくくなる効果があります。

 給食センターでは、朝早くからかぼちゃを蒸して、潰してコロッケを作りました。

 

  9月4日の中学校給食

 ・キムチチャーハン ・牛乳

 ・五目中華スープ

 ・フルーツポンチ

 

 <ひとくちメモ>

 韓国では、キムチを日常的に食べています。

 お店などに入ると、付け合わせとして数種類のキムチが出てくるところも多くあります。 

 野菜に、塩、唐辛子、にんにく、魚介の塩辛などを加え漬け込んだ韓国の漬物です。

 韓国では、毎年晩秋(ばんしゅう)に冬越し用として、大量のキムチを漬ける「キムジャン」

という行事があり、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。

 

 9月1日の中学校給食

 ・豆腐のうま煮丼 ・牛乳

 ・お豆かりんとう

 ・おひたし

 

 <ひとくちメモ>

 今日の「お豆かりんとう」は、さつま芋と大豆を揚げたものに砂糖、牛乳、ごまをからめました。

 牛乳の味は、わかりますか?

 牛乳を加えることにより、味がまろやかになります。

 また、さつま芋のいいろとごまの黒のコントラストがきれいな料理です。

 さつま芋も、大豆も食物繊維が豊富に含まれ、腸を刺激して便通を助けてくれます。

 

 8月31日の中学校給食

 ・バターライス ・牛乳

 ・鶏肉の粒マスタード焼き

 ・ツナサラダ ・ベーコンと野菜のスープ

 

 <ひとくちメモ>

 マスタードはラテン語で「燃えるような」という意味の辛さが特徴の調味料です。

 一言でマスタードといっても、さまざまな種類があります。

 日本の和からしは、カラシナといわれる植物を粉状にして、水で練ったものです。

 わさびと共に、日本では、薬味として使われてきました。

 一方、欧米などの洋からしは、ワインや、ビネガー、スパイスを混ぜてから作られた調味料です。

 

 8月30日の中学校給食

 ・五目うどん ・牛乳

 ・いももち

 ・和風サラダ

 

 <ひとくちメモ>

 いももちとは、北海道、和歌山、高知、岐阜の郷土料理です。

 芋に片栗粉やおもちなどを混ぜて、焼き揚げした料理ですが、地域によって使っている芋の種類が違います。

 北海道ではじゃがいも、和歌山と高知ではさつま芋、岐阜では里芋を使って作っています。

 今日は、じゃが芋に片栗粉と小麦粉を混ぜて揚げ、味噌が入った特製のタレをかけています。

 もっちりとした食感を楽しんでください。

 

 8月29日の中学校給食

 ・じゃこ菜飯 ・牛乳

 ・鰆の照焼き ・野菜のゆかり和え

 ・みそ汁

 

 <ひとくちメモ>

 ちりめんじゃこはイワシ類の小魚を塩水で煮て、天日干ししたものです。

 とても小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわを持つ絹織物の縮緬(ちりめん)のように見えることから、

 ちりめんじゃこと呼ばれます。

 ちりめんじゃこのような骨ごと食べられる小魚は、カルシウムが豊富な食べ物としても有名です。

 

 8月28日の中学校給食

 ・チキンカレーライス ・牛乳

 ・フレンチサラダ

 ・冷凍みかん

 

 <ひとくちメモ>

 冷凍みかんは、昭和30年代に作られて、学校給食で大ヒットしました。

 みかんをそのまま凍らせると乾燥してパサパサしてしまうため、急冷と水つけを繰り返して氷の膜を作り、

 みかんの水分が外に出ないようにして乾燥を防いでいます。

 また、冷たいと甘みをあまり感じられないことから、甘みの強いみかんを使うそうです。

 

平成29年7月の献立表.pdf  

 7月の世界の料理は、アメリカ料理とフランス料理です。

 アメリカ料理は、さまざまな外国からの移民と先住民からなる他民族国家であるため、

 食文化も外国からの影響を受けて発達していきました。

 今回のチリコンカンも、隣国メキシコの食文化に影響を受けたメニューです。

 

 平成29年6月の献立表.pdf  

 6月の世界の料理は、タイ料理です。

 タイ料理の味付けはナンプラーが基本ですが、

 唐辛子やライムなども頻繁に使用するので、

 辛い料理や酸味のある料理が多くあります。

      

 平成29年5月の献立表.pdf  

 5月の世界の料理は、韓国料理です。

 韓国のみそ、コチュジャンを使用した炒め物です。

 唐辛子の粉を使用しているため赤く、甘辛いのが特徴です。

 平成29年4月の献立表.pdf  

 4月は、みなさんにも馴染み深い、中国料理です。