1 日時

平成27年5月12日(火)午後7時~9時20分

2 場所

中央公民館 2階 第4会議室

3 出席者

日向正文委員長、斎藤謙一副委員長、伊東静一委員、石田寿彦委員、長谷川まゆみ委員、飯田陽子委員、冨永美奈子委員、谷田部馨委員

事務局・・・田部井則人公民館長、矢野裕之係長、谷口愛実主事

4 欠席者

0名

5 傍聴者

5名

6 議題

    1 開会

(1)副委員長の選任

(2)前回会議録の確認

 

  2 報告事項

(1)平成27年度公民館利用者懇談会について

(2)東京都公民館連絡協議会について

 

  3 その他

(1)公民館に関する基本的な情報等について

 ~公民館って、どんなところなの?~

  講師:伊東 静一委員

(2)狛江市立公民館について

7 配布資料

・前回会議録                   ・・・・資料1

・平成27年度公民館利用者懇談会資料         ・・・・資料2

・公民館って、どんなところ?(伊東委員作成)     ・・・・資料3

・狛江市立公民館について               ・・・資料4−1

・狛江市民センター改修について            ・・・資料4−2

・市民センター改修案作成に関する協定書(写)   ・・・資料4−3

8 会議の結果

 1 開会 

— 次第に基づき、事務局から説明 —

 

●傍聴者への注意事項

・資料を持ち帰る場合は、有料となるので事務局へ申し出が必要。

 

副委員長の選任を行う前に、委員と事務局の自己紹介を行った。

 

(1)副委員長の選任

互選により、副委員長は斎藤謙一委員に決定。

 

(2)前回会議録の確認

— 資料1に基づき、事務局より説明 —

 全員承認

 

2 報告事項

(1)平成27年度公民館利用者懇談会について

— 資料2に基づき、事務局より説明 —

 

●利用団体からの意見への対応状況(主な意見)

・市役所駐車場の有料化に対して意見がある。(複数の利用団体より)

→ 所管課である総務課に対して意見があった旨を伝える。

・施設予約が重複した団体の調整会の場に、手話通訳者の派遣を希望する。(中央公民館)

→ 毎月手話通訳者が同席する方向で準備している。不要な月は、派遣を取りやめる。

 

(委員長)狛江市立公民館運営審議会(以下、「公運審」とする。)の委員の選任基準について質問があったそうだが。

(事務局)選任基準はあり、公表も可能な状態である。

(委員長)資料2は、昨年度の公運審の意見を反映して作成したものか。

(事務局)公運審でも意見が出されていたが、毎月の調整会に対応する中で職員から出た意見も反映し作成したものである。

(委員)今回初めて利用団体の一員として懇談会に参加したが、施設予約に関する団体間のトラブルに関しては、特に意見もなく、最近は起きていない様子であった。

(委員)懇談会で受けた質問には、どう回答していくのか。

(事務局)質問内容に応じて、個別に連絡していくものもあるが、懇談会の記録を作成し公表する。また、すぐに対応できるものと、そうでないものもあるため、内容ごとに周知等行っていきたい。

(委員)次回の公運審までに、今年の利用者懇談会で受けた質問・意見とその回答・現状の資料を用意して頂くことは可能か。

(事務局)資料を用意する。

 

(2)東京都公民館連絡協議会について

— 資料に基づき、委員長より報告 —

 

3 その他

(1)公民館に関する基本的な情報等について

~公民館って、どんなところなの?~

— 資料3とスライド画面に基づき、伊東委員より講義 —

 

(2)狛江市立公民館について

— 資料4−1~4−3に基づき、事務局より説明 —

 

(委員)進行に関する意見として、委員は事前配布資料を確認した状態で参加し、進行は時間配分を考えて、全体を2時間以内で終わるようにしていただきたい。

(委員)現在のところ諮問の予定のものはないのか。

(事務局)現在のところない。

(委員)今回の公運審委員の中に、「市民センターを考える市民の会」のメンバーは入っているのか。

(委員)2名入っている。

(副委員長)公民館事業の内容の決め方と理由がわかる資料を用意して、次回説明して欲しい。

(事務局)平成26年度公民館の活動の記録等で説明する。

(委員長)次回は8月3日(月曜日)午後7時から開催する。以上で、本日の審議会を終了する。