学級担任が一人で行う英語活動を行いました。

mやn等違いがわかりにくい発音は

日本語も加えて指導。

外国語活動に大切なユーモアあふれる授業でした。

ICTを活用してネーティブの発音も

たっぷり聞かせ、児童もよく理解できた

ようです。