本日は、アルファベットの大文字です。

まずは、ICTを使って繰り返し英語の音に慣れ親しみました。

英語推進リーダーと学級担任とのティーム・ティーチングです。

文部科学省の教材「Hi, friends」を使って学びました。

 恥ずかしいという気持ちが少なく、音をまねることに優れた中学年から外国語活動を開始し、「もっと話せるようになりたい」「文字を読んでみたい・書いてみたい」という子どもたちの意欲を高めながら、高学年に移行できれば、「積極的に英語を話してみよう、文字を読んでみよう、書いてみよう」とする児童がさらに増えるのではないかと期待しています。