本校には、六小ひまわり学級が設置され、多くの子供たちが通っています。本教育の成果を一層上げるためには、ひまわり学級に通う子供たちだけでなく、本校のすべての子供たちが特別支援教育について理解することが重要です。そこで、本日はひまわり学級の岩田主任教諭が、3-3(八木学級)で、「自分と相手の違いを理解すること」「思いやりの心を育てること」をねらいとした授業を行いました。子供たちは、考え方や行動の特性の違いを表した色紙を使って組み合わせることにより、自分の性格に気づいたり、人それぞれによって違うことに気づいたりしていました。今後、多くの学級に広めていく予定です。