次期学習指導要領の移行期として

国の教材を使いながら、

学級担任が主となり外国語活動を

行っています。

今年度もモジュール学習を含めて

中学年で35時間、高学年で70時間実施します。

本校では、ALTの先生が来てくれることから

今年度は低学年でも、廊下でALTの先生にあったときに

あいさつができる程度の英語を学ぶ機会を設定していきます。

今日は新しいALTの先生を全校集会で児童に紹介しました。

6年生も臆せず発話しようとするのがすばらしいと

思います。

3年生は日本語も使ってALTの先生と

一生懸命コミュニケーションしようと

していました。

英語は実際のコミュニケーションを通して

「使うこと」が一番大切!

ALTの先生・担任の先生と給食を一緒に取りながら

会話を楽しみました。