体も大きくなり、日光で約12キロを

班のメンバーと励ましながら子供たちだけで

歩くことができた精神力、

すっかりたくましくなった6年生が

それぞれの縦割り班をぐいぐい引っ張っていました。

低学年の児童をじっと見守り、

説明の時は日陰に集め

「のどが乾いたらすぐ水飲みしてね。」と声がけ、

安全面の気配りも立派でした。