2年久保田学級で「泣いた赤おに」を教材に、友情・信頼について考えました。

みんなよく考え、たくさん意見を出しました。

小グループでの話し合いも上手です。

授業後は、小松主幹教諭の考えた若手教員が主体的に参加できる方法で本日の授業について協議を行いました。

授業、そして協議について、池之上小学校主任教諭の庄子寛之先生から指導助言いただきました。

アドバイスを踏まえて、本校の道徳を着実に推進していきたいと思います。