今回は2年生の学習についての紹介です。

現在、教室の廊下に、アボリジニアートを掲示しています。
アボリジニアートとはオーストラリアの先住民族であるアボリジニの人々が描いていた絵のように、生き物を点描画で描いたものです。

子供達は綿棒を使って作品を作りました。
図鑑から描きたい生き物を選び、本物のように描いた下絵の上に点を打って色をつけていきました。
 

「1、2、3、トン、1、2、3、トン」と口ずさんだり、「全部点だけど、だんだん動物になってきた。」と楽しそうに話したりしながら点を打ちました。
たくさん点を打つ地道な作業ですが、一生懸命頑張って素敵な作品ができました。

学校にいらした折に是非御覧ください。