本日の朝礼で、養護教諭になるための実習生を紹介しました。保健室だけではなく、主に5年生のクラスでも実習します。

その後、飼育委員会がウサギのレオンとの別れと思い出を全校児童に話してくれました。

 

レオンは昨年度倒れ、目が見えず、最後はほとんど動けなくなっていました。夏休み中も飼育委員が小屋の清掃や目薬をつけに登校、更には休みごとに家に連れて帰り、ご家族と共に世話もしてくれました。最後までレオンが穏やかに過ごせたことへの保護者の皆様のご協力にも感謝いたします。