本校では、次期学習指導要領に向けたカリキュラム作り、求められる教師の資質・能力の向上図っています。そのために研修会参加等により教職員皆で情報を収集しています。私は、岩野教諭と柿﨑教諭と一緒に狛江市の研修会に参加してきました。

独立行政法人 教職員支援機構次世代型教育推進センターの研修協力員が講師です。

主体的な学びのためには教員が「子供の学びを刺激する様々な工夫をすること」「切実感のある課題を設定すること」、対話的な学びのためには、「対話する必然性のある課題を設定すること」「話を聞き合える関係性を構築すること」、深い学びのためには、「教える場面と、子供たちに思考・判断・表現させる場面を効果的に設定し関連させながら指導していくこと」等、具体的な授業風景の映像を見ながら学びました。

東京都英語教育推進リーダーの佐藤教諭もオーストラリアの大学で、英語教育の研修に参加しています。英語教科化を踏まえたライティングの指導法や模型の活用、オンラインを用いた指導等を学んでいます。

学んだことは、自己の力量を高めるとともに、他の教員に普及し、学校全体に反映していきます。