本日も狛江三小の英語教育推進リーダーが来校し、高学年の外国語活動の授業を参観、授業の質の向上のために1時間ずつ授業の記録をとり学級担任にフィードバックしてくれました。どのクラスも、あいさつや誕生日を聞く活動に積極的に取り組み、大きな声や笑い声が廊下まで響いていました。高学年でも臆することなく、楽しみながらペア学習や皆の前で表現できることが本校の児童の素晴らしさだと思います。小学校英語の教科化に向けて、まずは「英語は楽しい」と実感し、そして「英語を使って人に伝えたい」という気持ちを高めていきたいと考えています。

   

※ 「英語の教科化」

5・6年生で英語が教科になります。現在行われている「聞く・話す」を中心とした「外国語活動」に「読む・書く」を加えた教科の「英語」となります。