特に以下2つの安全指導については、全校、学年、学級の中で、継続的に実施しています。safety
ご家庭においても、引き続き、一緒に見守りやお声がけいただけますようよろしくお願いいたします。
 

  1. 日中、朝晩の気温差が激しいこの時期、体が暑さになれないことから、熱中症になる危険性があります。
    体育や休み時間の帽子着用、水分補給を指導しています。
    「早寝・早起き・朝ご飯」による体調管理、水分と塩分補給も大切です。
     
  2. 都内において児童が重傷を負う交通事故が連続発生しています。
    「横断歩道を渡るときはドライバーと視線を合わせ、車が止まったことを確認して渡る」
    「安全を確認してから渡る」
    「絶対に飛び出さない」ことが重要です。