6年生は前回の笑育の日から発表のために準備を進めてきました。

コンビやトリオなどに分かれ、それぞれアイデア豊かにネタ作りをしてきたのです。

どのネタもよく考えられ、間や言い方、突っ込みの仕方や動きなども考えてきました。

そして今日は、その発表日。一小との合同でのそれぞれ学年の代表の33組がネタ発表を行いました。

講師としては、前回と同様にセバスチャンとじなんぼ~いずの2組が来て下さいました。

   

多くの友達の前でネタを披露することに緊張しながらも素晴らしいネタを披露し、体育館は笑いに包まれていました。

講師のセバスチャンとじなんぼ~いずも時折、「すごいな~」「いいネタだな」などと感嘆の声を漏らしていました。

そして、1組ずつ、すべてのコンビに「こんなところがよかったよ」と温かい講評をしてくださいました。

     

普段の学習では得られない貴重な体験をすることのできた笑育でした。

 

ちなみに、今日発表した代表以外は、月曜日、水曜日に学年でネタを披露しました。

こちらも笑いの巻き起こる楽しい時間になりました。

     

 

HP担当 宮本