「みしま堂を知っている人?」

という投げかけから始まった本日の朝会では、校長先生より

「みしま堂」や「三島神社」につく「みしま」についての紙芝居がありました。

「みしまどうって、どうして『みしま』なんだろう?」「教えてあげましょう。」

昔この辺りの地名は「三島」でした。

三島神社の神様が、昔天災で濁流にのまれそうになった時、助けてくれたのはうなぎだったそう。

だから、「うなぎをたべない みしまのひとたち」になったんですね。

「うなぎはおいしいから食べちゃうけどね。」

図書委員からのお話もありました。今週は読書月間。

「みしま」の話のように、色々な本に触れることで、

昔のことや知らなかった言葉などを知ることができるといいですね。

 

(HP担当 小門)