1月22日(火)に「なかよし班集会」がありました。

6年生が中心となって、たて割り班ごとに遊びます。

芝生でも、校庭でも・・・

教室でも、体育館でも・・・

それぞれの場所で、子ども達の元気な声が響き、満面の笑みがあふれます。

終わりには、各班ごとに6年生から5年生に次回に向けての熱いメッセージが贈られました。

 なぜなら・・・。

6年生が中心となって「なかよし班」を運営するのは今回が最後だからです。

次回からは5年生が中心となって運営していきます。

そこで、1月23日(水)の朝の時間に「リーダー会議」で引継ぎが行われました。

自分たちは何を積み上げ、何を、どのように引き継ぐのか、真剣に考える6年生。

そして5年生と合流し、一つ一つ丁寧に伝える6年生。

話を聞く5年生の表情も、真剣そのものです。

早速、初めての仕事。なかよし班の掲示物を作るための紙を受け取ります。

「6年生にあこがれていました。これからは私たちがみんなのあこがれになるように頑張ります。」

「今の6年生のようにリーダーシップがあり、下級生に優しく、下級生に尊敬される最高学年になりたいです。」

「何事にも冷静に、一生懸命取り組みます。」

と、5年生からの引き継いだ後のコメントです。

6年生!最高学年としてあこがれられる存在としての残り2ヶ月、精一杯五小に愛を残していきましょう!

(HP担当 阿河)