6年1組の教室を突然訪れた校長先生。

子ども達は突然現れた校長先生にドキドキ、ワクワク、ニコニコ。

校長先生「理科でやっているのは、“人体の不思議”かい?」

子ども達「“てこのはたらき”です!」

校長先生「じゃあ、鼻血の話はまた今度しようかな。」

子ども達「えー!!!今してください!」

校長先生「だめだめ、1時間かかっちゃうから!」

一度教室を出られた校長先生。すぐに戻ってきて・・・

校長先生「ちょっとだけ話そうかな!」

子ども達「やったー!!」

 

校長先生「人間には背骨があってね・・・」

校長先生「背骨が曲がっていないと振動が全部、脳に直接伝わってね・・・」

校長先生のお話に、大笑いしたり新しい気付きをしたりしながら聞き入る子ども達。

校長先生「姿勢が悪いと、脊柱側弯症になっちゃうからね!」

子ども達「えー!そうなんですか!?」「うわぁ、まずい・・・」

校長先生が教室を後にすると、そこには背筋がいつも以上にピンと伸びた子ども達。

素敵な特別授業を、ありがとうございました。

次回は鼻血のお話、楽しみにしています!

(HP担当 阿河)