小伝馬町牢屋敷での取調べ。

「おぬし、本部待機の身で何ゆえ町なかをふらふらしておった?」

「お、お許しを!訳は言えませぬ。。。」(町奉行石谷清隆)