本日6月9日は五小防災の日ということもあり、防災に関わる授業を行いました。子どもたちに災害についての正しい知識と的確な判断力を身につけて欲しいという思いから始まりました。災害時に適切に行動できるように、様々な体験や学習をしました。

煙体験

AED体験

避難所見学

消火器体験

4-1「地震発生時の行動について」

4-3「3.11から学ぶこと」

また4時間目には地震を想定した引き取り訓練があり、担任の先生が一人一人確認しながら子どもたちを保護者の方に引き渡していきました。保護者や地域の皆様、暑い中、学校の訓練にご協力いただきありがとうございました。緊急時の対応として、子どもや保護者、教職員共々良い備えになったと思います。

 

(ホームページ担当 宮本)