5年生になり、新たに家庭科の学習が始まりました。

早速、実際の生活の中でも役に立つ、「お湯を沸かして、お茶を入れる」という実習を行いました。

家で火を使って料理をしたり、お湯を沸かしたりしたことがある子も、お茶を入れたことのある子も、家庭科室で、友達と一緒にやるのは初めての体験です。

班のメンバーと協力しながらお茶を入れ、おいしく飲むことができました。

その後には、片付けも協力して、きれいにすることができました。

 

初めての実習も無事に終えられたので、ぜひご家庭でも、お子さんにお茶を入れさせてあげてみてください。

 

(5年 ホームページ担当 宮本)