今朝の全校児童朝会は「命の大切さ」についてお話ししました。約1年前、入学式でお話しした「卵の話」をくわしくしたものです。

ニワトリの卵の美しい形は、卵を産む親鳥と卵の中の「命」を守るための工夫がたくさんあります。まさに自然が作り出した愛にあふれた絶妙な形なのです。生まれる前から、どんな動物も大切に命は守られていたのです。そうして生まれてきた私たちは、今度は自分で自分の命を大切にして、世の中のために命を使っていかなければなりませんね。(校長 石谷清隆)