あれを見よ 

五小の夏花

咲きにけり

まごころつくせ

人知れずとも

子どもたちがいなく、誰かに見られ愛でられることもなく、それでも花々は一生懸命に、その使命を果たすかのようにひっそりと校庭で咲いています。誰かにほめられたくて、やってるんじゃない。自分の信じる道をただひたすらに生きる。なんかカッコいい。実もなっていますよ。ナスも立派です。立派すぎて、言うことナス。(校長 石谷清隆)