5年理数科授業

 狛江市教育委員会と内田洋行(株)の協力で、デジタル顕微鏡を使った授業を5年生で実施しました。今まで一人で顕微鏡をのぞき観察していた授業が、デジタル技術によりみんなで共有し、写真として保存したり動画で観察できるようになりました。

  さすが一小の先生方です。あざやかな画像を元に、観察記録を取らせその技能を高めたり、ミジンコとミドリムシを一緒にするとどのようなことが起きるかを予想させ、考えを引き出していました。子供たちは新しい技術を使って、偶然でしか見れなかったミジンコのふ化や脱皮の様子などたくさんの感動を得ることができました。