魚しょく教育とたいめし

 愛媛県愛南町の水産課の方と給食でお世話になっている三浦屋さんの協力で、5年生対象の「魚しょく教育」の授業が行われました。「本物にふれる教育」の一つです。 

 5年生は社会科の学習で、水産業について学びます。「獲る漁業と育てる漁業」が学習のキーワードですが、その両方をこの学習で実体験できました。本物のカツオ漁に使う「さお」を手に、漁師さんの仕事の大変さや楽しさを知りました。また、天然と養殖のたいを実際に触って見分けるクイズなど、たくさんの学びがありました。

 その後、たいめしの給食をいただきました。養殖のたいは、DHAやEPAがたくさん入っているそうです。教室では、「美味しい」の声が響いていました。