八ヶ岳林間学校⑦

 飯盛山の頂上は、ものすごく遠かったです。自分の水筒の水が、あっという間になくなり、ペットボトルの水をなめなめ暑い山道を登ってきました。友達の支えがないとその場に座り込んでしまいそうな子もたくさんいました。

 けれども、その努力を無にしない絶景がまっていてくれました。「お昼のしし岩で食べたおにぎりの味は最高!」という子と、「味もわからないほど疲れた。」という子といました。