5月の晴天の下、色とりどりのはっぴを着て踊ったザ・八木節。

 

 

大きなかけ声と、竹ばちの音が校庭に響きました。

 

腰を落として、とても上手に踊ることができました。