10月14日、マインズ上和泉支店の近くの農家に、いもほりに行きました。お天気も上々。(学校にもどったら、雨が降ってきてびっくりしましたが)

 農家の方のお話を聞いてから、いざ、畝に並び準備はOK。最初はおそるおそるでしたが、次第に軍手を真っ黒にして、掘ります、掘ります! 「もっとここ掘ってごらん。」「あったー。」「引っ張らないで掘って、掘って」 「大きいー」「ちびいもだー」いろいろな声が飛び交います。

 何もかも真っ黒になりましたが、みんな満足顔。お礼を言って、手分けをしておいもを学校に持って帰りました。おいもは数日してから家に持って帰ってもらいましたが、それぞれのおうちで 焼き芋・スイートポテト・お味噌汁・茶巾しぼりなどを作っていただき、子ども達はあらためておいものおいしさを味わったようです。

 ところで、いもほりに行った週から「おいもほり」の絵を大きな画用紙に描いてきましたが、1ヶ月間取り組んで、ようやく仕上がりました。力作です。(展覧会には、この「おいもほり」の絵か、それ以前に描いた「ひまわり」の絵か、どちらか1点が飾られます。)

 そして これからは、いもほりの時にもらってきたいもづるで、リースを作ります。かわいいリースができることでしょう。一年生はいもほりで、「一石三鳥」です!