9月11日に、多摩川に虫とりに行きました。みんな虫かごやビニール袋を持って、準備万端!しかし・・・多摩川は遠いなあ。でも みんながんばって歩きました。西河原公園と狛江高校の中間ぐらいのスポットに着きました。

 います、います。トノサマバッタは鳥みたいに飛んでます!はじめは恐る恐るだった子ども達ですが、だんだんに草むらに入っていきました。そのうちに「つかまえた~」「みてみてー」と声が聞こえてきました。

 

 こわいなーと思っていた子も、お友達と協力してとったり、思い切って手を伸ばしてみたりして虫とりをがんばりました。

 学校にもどって、さっそく絵日記に書きました。みんな疲れているのに、虫を一生けんめいに見て書いていました。「また、いきたいなあ。」と書いている子もいました。

 短い時間でしたが、実際に虫たちとのふれ合いを経験した子ども達。これを機会に、虫のことに関心をもって世界を広げ、楽しみをふやしてくれたらいいなと感じました。