GWのちょうど狭間の5月1日、演劇鑑賞教室が行われました。かつては毎年エコルマホールで行われていましたが、2年前から隔年(学芸会のある年)、体育館で実施されるようになりました。

 今年の演目は 劇団アルファーの「トム・ソーヤの冒険」です。歌あり、踊りあり、ハラハラサスペンスの場面あり、とても楽しい劇でした。約2時間という長い物語でしたが、みんな引き込まれるように見入っていて、あっという間の2時間でした。

  

  

  次回の演劇鑑賞教室は、再来年の予定です。次回も良い作品に出会えるように、準備を進めていきたいと思っています。