ユニセフ募金活動

 ユニセフ:UNICEF:国連児童基金(注1)をみなさんはご存知でしょうか。名称は誰もが聞いたことのあるこの”ユニセフ”。狛江一小では毎年11月~12月の間に代表委員会が中心となってユニセフ募金活動を行っています。

  
  

今年は11月24日~30日まで5日間にわたって募金活動を朝の登校時間に合わせて行います。
 学校の子どもたちにはユニセフ協会からお借りしたビデオを上映したり、チラシなどを配布したりして世界の子どもたちへの募金を呼びかけました。
 募金活動初日から一年生から六年生まで大勢の子どもたちが募金をしてくれ、子どもや保護者の皆様の意識の高さを感じました。
 これから子どもたちは世界の至るところで起きている様々な厳しい現実を目の当たりにしていくことでしょう。このユニセフ募金活動によって「困っている人を見たときに自分には何ができるだろう。」って、子どもたちが自分なりに考えるきっかけとなってくれれば幸いです。
 募金活動はお金と共に、思いやりや優しさの心を届けるものだと思います。
 「狛江一小の子どもたちの心を世界の子どもたちへ」


募金で集まったお金は日本ユニセフ協会を通じて世界の子どもたちの援助に使われます。 

※注1 ユニセフとは国連国際児童緊急基金の略称です。
United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)

<参考URL>是非一度ご覧ください。
日本ユニセフ協会
http://www.unicef.or.jp/index.html

ユニセフってなあに(子ども向け)
http://www.unicef.or.jp/kodomo/nani/nani.htm