連合音楽会に向けて

 朝夕の寒さが厳しくなり始めるこの時期、狛江市内の小学生が集い、日々の音楽活動の成果を発表し合う「連合音楽会」が行われます。
 狛江一小では5年生が学校の代表として参加します。
ついこの間まで、学芸会に向けて取り組んでいましたが今ではもうすっかり連合音楽会にむけて「合唱」「合奏」の練習に励んでいます。
 合唱曲は「天空の城ラピュタ」の主題歌である「君をのせて」と合奏曲は「ルパン三世」から「ルパン三世のテーマ」です。

 今まで、音楽科担当の田畠教諭が音楽の時間にクラスごとに指導していましたが、いよいよ学年合同の練習に入りました。

 

 
                        (体育館での練習風景)

音楽の時間に合唱、合奏の練習をしていたので、5年担任3人は第一回目の合同練習で初めて子どもたちの練習の成果を見ました。
 特別活動室で行われた「合唱」の練習は、声の大きさもほどよく、ソプラノとアルトにわかれての歌声は、聞く人の心がゆり動くようなハーモニにびっくりしました。また体育館では合奏の練習をしました。「ルパン三世」というアップテンポな曲をリコーダーをはじめピアノ、鉄琴、木琴、シンセサイザー、アコーディオン、打楽器等の楽器で見事な旋律を披露してくれました。

 実は連合音楽会に向けて学芸会の練習と同時並行で行われていました。学芸会の練習や日ごろの学習活動がある中「よくここまで出来るようになったな」と子どもたちの“吸収する力”に感心しました。
 まだまだ修正したり練習したりするところはありますが、当日に向けて技術を磨き、演奏すること、歌うことへの気持ちを高めていきたいと思います。当日を終えて子ども一人ひとりが「思い出に残った一日」「みんなで演奏することが楽しい」といったみんなで一つになるよさを感じられる音楽会になるように励ましていきたいと思います。