なかよし班遊び

 1月24日(金)に「なかよし班遊び」がありました。「なかよし班」とは、1年生から6年生までが異学年交流をする場です。リーダーは6年生。昨年度のお別れ給食の時から、学校の代表として 活動しています。最初は戸惑う様子があったり、低学年が言うことを聞いてくれないと悩んだこともありました。でも最終回を終えて、6年生の顔には自信と笑顔があふれていました。以下6年生のミニ作文です。

 ・下級生に優しくできて「楽しかったよ!」と言ってもらえたのがうれしかったです。リーダーとしての責任感がとても学びになりました。これからもこの経験を生かしていきたいです。

 ・今日は今までで一番うまくできた。全員が楽しそうに遊んでくれた。最初はぎこちなかったけど,今はずいぶんスムーズにできるようになったんだと自分に少し感心した。共にまとめあった6年生立ちにお礼を言いたい。

 ・みんながとても楽しめていた。自分の中で「成長」が感じられた最終回が一番よくできていた。

さぁ、リーダーのバトンは6年生から5年生に移ります。