魚を食べる(給食)

 今日の給食に、「さんまの塩焼き」がでました。子供たちは、さんま(魚)をどのように食べるか心配で、1年生のクラスをのぞいてみました。栄養士の先生がクラスに「さんまの骨をとる方法」をプリントで配布してくれたので、先生の説明を聞きながら、子供たちは悪戦苦闘?してさんまに取りかかりました。すると、「家でも自分でやっているよ。」という子供が見事に骨を取りわけると、みんなできちゃいました。そして、「おいしい。」と食べていました。さんまの季節です。ご家庭でもぜひチャレンジしてみてください。さつまいものごはんも、季節感たっぷりで自校式の給食ならではのメニューです。