絵手紙を教えてもらいました

 6年生が、狛江市文化振興事業団と、絵手紙を愛する先生方に、心を揺さぶる絵手紙を描く体験として教えてもらいました。まずはじめに、筆の動かし方を教えてもらったらもう本番。家庭から持ってきた「秋」を心のままに描いていきます。筆をゆっくり動かす、淡い色から塗っていくなど教えていただいたことを気にとめながら、それぞれの想いをこめて描いていきます。先生方の優しい声かけに、だんだんと自信がついてきて笑顔になってきました。できあがった作品は掲示した後、だれに送るか早くも悩んでいました。 終わった後は「もう一度やりたい」と話しながらきれいに片付けもがんばりました。