かいこの糸とり

 3年生が、1人ずつ春から育ててきたかいこ。1学期の終わりには、りっぱな「まゆ」 を作ってくれました。冷凍しておいた「まゆ」から、糸をとる体験をしました。

 理科室で安全にお湯を沸かし、「まゆ」を入れるときれいな糸が少しずつほぐれてきました。子供たちはそのキラキラした糸を、わりばしで巻き取っていきます。

 「先生、かいこの糸はこんな温度(85℃くらい)でもとけないんだね。」「先生、かいこの糸って目に見えないくらい細いのに強いよ。」と、学びを広げるつぶやきがいっぱいありました。

中でも、「先生糸を巻いていくと、いったりきたりするよ。」とか、「だんだん透けてきて中が見えるよ。」と大発見をする子供もいました。まだ、その価値に気付いていないのですが、こうした発見を総合的な学習の時間で、自分のものにしていくのです。