都道府県を学んでいます。

  4年2組では、担任の手作り教材で都道府県について学んでいます。

 子供たちにとって、興味はあるが全国制覇が難しい学習である都道府県。ICT機器を活用したり、手作りかるたで学んだり、様々な方法で子供たちの意欲の継続を図っていました。

 今日の学習では、地図が画面に出るとすぐに、ヒントを待たずに「○○県」と声がかかり、知識の洪水が教室におこります。知っている人が得意になり、意欲が高まる瞬間ですが、担任は全員の学習を伸ばそうと工夫します。

 学習を重ねるにつれて学びが広がり、それぞれの興味にそって様々な学習が展開され、学び合いが起きてきます。今後の学習が楽しみです。

 教室には、夏休みの作品が並び始めていました。

 学習したことを生かしたモーターカーや、沖縄の珊瑚礁の研究など、子供たちの4年生夏の「大きくドカン」という思い出が、誇らしげに飾られていました。