28年度の教育活動について

校長 岡前 克之

  本校の教育目標は、

○よく考え 学び合う子 ○げんきでがんばる子 ○心ゆたかで なかよくする子です。

140年を越える伝統と温かい地域・保護者に支えられ、校歌に歌われる「清い心」と「強いからだ」をもとに教育活動をすすめていきます。

 学校は、子供たち一人一人が「不思議だなおもしろいな」と意欲的に課題を追究していく中で、友達と学び合い、深め、高め合う場所である。そのために教師は、様々な体験や活動を意図的に設定し、子供たちがより学びの世界を広げられるように指導・支援していく必要がある。また、子供たちが友達と積極的に関わり社会性を磨き、自立や成長をとげるように見守り、子供たちの「できたこと」を認め、保護者とともに成長を喜び、子供たちの将来へと続く道を一緒に考えていく必要がある。

 今年度は、「保護者、地域とともに、子供たちの夢を育てる楽校」をキャッチフレーズとし、その達成に向けて3つの重点目標を設定し取り組んでいきます。

○子供たちが自ら学び、個性を伸張する質の高い教育を展開する。

 児童が自らの目標をもち、それの達成をめざして努力していくことを可能にする教育活動を展開する。その過程で身近な目標の先にある夢へのステップについて子供たちに考えさせ、夢を育む意識を高めていく。

 ○子供一人一人と向き合い、保護者の気持ちで接する教師集団をつくる。

 常在童心「よく見ようすべてのものを そして開こう心の眼を」を共通実践し、保護者・地域とともに子供たちの姿を共有し(共育)、子供たちの意欲を高めるために協力し合い(響育)、子供たちの成長を見守り育てる教職員集団とする。

安心安全な学校をつくる。

 いじめや不登校のない学校、安全を意識して元気に活動する学校、保護者が安心して任せられる学校をつくる。

                     (平成28年4月6日)