東芝のラグビー選手がやってきた。

 東芝ブレイブルーパスに所属しているラグビー選手が本校に来校し、5年生にラグビーの楽しさを教えてくれました。プロップの浅原選手、フッカーの湯原選手、森選手、センターの増田選手、ウイングの大島選手と、スタッフの佐々木さんです。

 タグを身につけて楽しいゲームをしたり、ボールを持って走ったり、ラグビーの入り口の授業でしたが、子供たちは東芝の選手のラグビーが好きなんだという心の温かさに触れ、楽しい時間を過ごしました。教えていただいた、「ノーサイド」と「ALL for ONE,ONE for ALL」という言葉とその意味の大切さに子供たちは感動していました。 

 ちょうど始まった持久走週間にも飛び入りで参加していただき、多くの子供たちと一緒の時間を過ごしていただきました。