バリアフリーってなあに?

4年生は総合的な学習の時間に福祉やバリアフリーについて学習してきました。

9月には地域に住む視覚障害者の並木さんからお話を聞きました。ご自身の生活体験やユニバーサルデザインの商品、白杖、点字ブロックなど視覚障害者の方の生活を助ける物について知ることができました。

子供たちは2人1組になりアイマスク体験をしました。子供たちからは、「前が見えないので不安だった。」「怖かった。」「少しずつしか歩けないので時間が長く感じた。」などの感想が上がりました。

また、6人1組で車椅子体験もしました。車椅子を押してみることで「教室の入り口がせまくて大変だった。」「スロープを上るときが難しかった。」などの感想が上がり、車椅子を使うことの大変さを知りました。

10月には障害者スポーツであるサウンドテーブルテニス(STT)を体験しました。アイマスクをして体験する卓球に子供たちからは「うまく打てなかった。」「球の音がよく聞こえなかった。」「難しかった」などの感想が上がりました。

今は狛江市内のフィールドワークに出かけ、自分たちの住む地域のバリアフリー環境について学習しています。